小児歯科|茨城県石岡市 吉田歯科医院

小児歯科

小児歯科について

わが子の歯を虫歯にさせたくない

これは誰もが抱く思いですね。大切なお子様の歯は、自分自身はもちろんのこと、お母さん、お父さん、そして、私たち歯科医師、衛生士、みんなで守ってあげたいと思うのです。

特に当院では、お子様の口腔内を通じて歯の重要性をもっと考えてもらいたいと思っておりますので、保護者の方々へのご説明、ご理解を深めることに特に力を入れております。

一口に小児歯科といっても、同じ口の中なのに歯の形、生え方、生える位置、歯の質の同じお子様は一人もいません。その為、低年齢のお子様であればいかにこの先虫歯をつくらずにいくか、よい歯並びでいくかをDr.スタッフ、保護者の方と考え、どのように予防していくかを見当します。

また、虫歯のできてしまったお子様には、どうしてできたのか原因をはっきりさせその上でこの先どのようにしていくのか、そのお子様にとって一番いいのか、咬み合わせや歯並びに関しても低年齢のうちから治すべきなのか、様子をみるべきなのかなど、いかに正しくそのお子様の永久歯への生え替わりを助けるか、ある程度骨(顎)の成長が安定してくるまでの間永久歯がきちんと咬める状態にあるか、またその永久歯がいつまでも健康でいられるようにその基盤作りをしていく、始めてかかる重要な分野でもあります。

健全な永久歯をつくるために

乳歯を大切にする

乳歯が大きな虫歯や根の先に膿をもつことを繰り返すなどで早い時期に抜歯されると、その下で成長すべき永久歯が形や歯質の不十分なまま萌出してきたりします。

また、隣接する歯が移動し歯並びが悪くなることがあります。隣接する歯が移動すると下から出てくるはずの永久歯の場所がなくなり、通常の位置に生えてこなかったりして歯並びが悪くなります。

また、近年乳歯の下に永久歯のないお子さんも増えてきています。ぜひ一度、乳歯・永久歯の存在及び口内チェックをお勧めします。

よく噛む

しっかり噛むことは顎の正常な発達を助けます。また、乳歯の根の周りのクッション(歯根膜)がきちんと使われることに、その下で成長する永久歯も正常に育ちます。

バランスの取れた食事をする

バランスのいい食事は健康な体と歯を作ります。

悪い癖はやめる

  • 指しゃぶり
  • 唇を噛む
  • 爪を噛む
  • 口だけで呼吸する

などでお困りではございませんか。全て理由のある癖と思われます。自己診断で対策を考えずに、どうぞ気軽にご相談ください。

当院の小児歯科治療について ~ Dr.松浦からのメッセージ ~

お子様の口腔内の治療及び予防は少なからず保護者の方のご協力とご理解がなければ成り立ちません。その為にお子様の口腔内にどうか関心をもって、私たちと一緒に将来よりよい永久歯列及び口腔内になるように考え、行動していただけたらと思っています。

治療に入るのに年齢はあくまでも目安であって、お子様一人一人の口腔内状態や治療への協力度合いによって、治療のペースを考えてゆきたいと思っております。あくまでもお子さん中心、お子さんのぺースですすめてゆく方針です。

しかし、ご来院されましたら必ず何かはしていく、お子さんによってはそれが治療であったり、器具を使って薬をつめることだったり、場合によっては、ユニット(診療用のイス)に一人で座れるだけたり…お子様によってハードルは様々です。

時間のかかる場合もありますが、どのお子様も必ずそのハードルをクリアして治療を全て終了し、3か月毎定期検診へとすすんでゆく、お子様一人一人にあった最善のカリキュラムを常に見当いたします。

当院スタッフ全員で、お子様の口腔内の健全な状態維持を心から願っております。
そのために、希望されるお子様は3か月毎(歯と歯の間の虫歯が初期治療で終われるギリギリの期間)の定期検診にて、当院で口腔内を管理させていただいております。定期検診は、予防が中心となります。

また、ある程度の治療計画をご説明する時間をお子様ごとにとっております。お子様の治療や今後のこと、疑問に思ったこと、治療に対するご希望等ありましたら、いつでもお伝えください。詳しくは、受付やスタッフに気軽にお尋ねください。

さらに、小児歯科への流れ、重要性について小冊子を作りました。当院待合室にファイルがおいてありますので、どうぞ一度ご覧ください。

24時間かんたんWeb予約